ベスト20選考委員の対話


Datta Latta
『彩空 -イロソラ-』


1.マジェンダ
2.Unlimited
3.Teana
4.堕落
5.SHIN-シン-
6.Unlimited(unplugged ver.)


Vo/HiRi
Gt/miyo
Ba/秀
Dr/noeri


| 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |



第15回 Datta Lattaの『彩空 -イロソラ-』

A: 今回は名古屋のバンドDatta Lattaの『彩空 -イロソラ-』ですね。ボーカル、ギター、ドラムが女性で、ベースは男性みたいですが、次世代ガールズバンドを謳っています。でも、このCDは音が小さいですね。名古屋は音が小さいんでしょうか?

B: 少しボリューム上げましょう。以前関西のバンドのCDは音がでかいと思ったことがあるんで、私も最初は名古屋は音量控えめ、音圧は無理して上げないのかなと思ったんですが、実は違ったんです。

A: 何がどう違ったんですか?

B: どうやらダイナミック・レンジをいっぱいまで使っていない。調べてみたら、特に1曲目なんかピーク・レベルが-12dBになってるんです。ということはCDに入るレンジの1/4しか使っていないということです。音楽的にしっかり音は録れてると思うんですが、CDにするまでのどこかの段階でミスってますね。

A: そんなことがあるんですか? ビックリしますね。しかし、ちょっともったいない。

B: 最後のトラックがアコギの弾き語りの曲なんですが、この曲は他の曲と比べると音量が大きすぎるんです。大きすぎると思っていたら、そうではなくて他の曲のレベル上げをしてなかったということみたいです。

A: CDマスタリングの途中で、間違えてプレスに出しちゃったんですかね。

B: 最初に聴いたとき1曲め2曲目はちょっと印象が薄い気がしたんですが、音量の問題もあったかもしれません。でも3曲目の「Teana」で引きつけられました。この曲は抑えめで聴かせる曲なので音量の件もマイナスになっていないんだと思いますが、研ぎ澄まされた感性が伝わって来ます。

A: 「Teana」は、ギターもいいですね。

B: そう、ギターいいですよね。だいたい最近のバンドはあまりギターソロを弾かなかったりしますよね。一方でソロを弾くバンドがまれにいたりすると、カッチリしたフレーズのメカニカルなソロだったり。まあ、それはそれでテクニック的にはうまいんでしょうけれど…。Datta Lattaのギターは、もっと人間的に聴かせてくれます。「Teana」は、ギターソロだけでなく合いの手で入るギターもとても魅力的です。

A: 1曲目の「マジェンダ」のソロもなかなかいいですよ。ソロの終わりで歌に引き継ぐところがスローアタックになったりして、すごく面白かった。

B: ボーカルが単純にきれいな声という訳じゃないけれど、声にちからがあって、コントロールが利いてますね。ファルセットをうまく使ってるし、こぶしを利かせてみたいなところもいい。いろんな表現が出来るボーカルですね。

A: 歌詞もいいと思うんですよ。ほどよく抽象化されていて、聴く側が思い入れできる許容幅が広い。意味はよく分からないんだけど、メロディーと一体になって届くというか…。(笑い)

B: 正直、マジェンダが何か、Teanaが何か、SHINが何か分からない。(笑い)ギターもそうですが、ある意味、歌詞も意外と古いタイプなのかもしれませんね。助詞が省かれていたりして。

A: プロの作詞家が書くようなという意味ですか? 歌詞カード読むとそんな雰囲気がありますね。そのせいもあってか、奥行きというか、陰影を感じさせる音楽になっているような気がします。

B: 「堕落」はAメロのドラムがちょっとどうかと思うんですが。

A: スネアが裏で一発だけ入るところですね。う~ん、難しいところですが、ここは細かく刻んでもよかったかもしれませんね。ドラムでも歌い切るって感じのドラムですからね、ここだけ方向が違ってるかもしれないですね。

B: 「SHIN」は結構印象の強い曲です。実はこの曲が1曲目だったりすると、アルバム全体の印象がより強いものになったんじゃないかと思ったりしました。

A: 確かに1曲目向きの曲ではありますね。でも「マジェンダ」も悪くないですよ。「♪マジェンダ~」っていうフレーズは印象に残ってます。

B: 私も音量の問題に気がついた後は、「マジェンダ」が1曲目でもいいと思うようになったんですが。

A: 最後の曲は、2曲めと同じ曲のアコースティック・バージョンなんですね。

B: 曲としては、こっちのアレンジのほうがよくないですか?

A: 確かにこちらのほうが魅力的かもしれませんね。コーラスの部分が魅力的で、よりオリジナリティが出てるような気がします。

B: 結論ですが、いろいろ問題もあるCDですが、それ以上にいろいろ言ってみたくなる魅力的な素材がいっぱい詰まっているCDだと思いました。

A: いやぁ、いいと思いますよ、非常に音楽的で…。8枚目のベスト20でいいんじゃないでしょうか。



| 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |