アーティストピックアップ Hystoic Vein


Hystoic Veinの
『Patron Syndrome』
5曲入り1,000円

1.Vision
2.SCARLET
3.DUMMY
4.messiah
5.COLD-BLOODED


Vo/鸚哥<インコ>
Gt/遊郭<ユウカク>
Ba/紫<ユカリ>
Dr/凜<リン>


▼Back Number
 KANEKO
 紅蝴蝶
 inchworm

 世界転覆を狙うスーパー・アンダーグラウンド・バンド Hystoic Vein


 東京・原宿の駅沿いに大きな駅貼りで、Vantanデザイン研究所の「世界征服」の広告が出ていました。陳腐かつ永遠のテーマ「世界征服」!と思ったのでしたが、そう言えば「世界転覆」を標榜するバンドがありましたね。神戸を本拠地とするバンドHystoic Vein(ヒストイック・ヴェイン)です。
 今回のアーティストピックアップは、そのHystoic Veinです。


 Hystoic Vein (2010.5.18. 新宿JAM)
Hystoic Vein

(左からBass 紫、Vocal 鸚哥、Drums 凜、Guitar 遊郭。なにやら世界転覆を目論みそうな雰囲気ではある。)

遊郭
遊郭

■Hystoic Veinの魅力は、過激かつスピード感に溢れたパフォーマンスだ。
それは緻密な楽曲構成と高い演奏力に支えられたものだ。疾走するニューウェーブ・メタルとでも言ったらいいか。
キレのあるGuitar、遊郭が作曲を担当する。


凜

■凜の演奏には驚くほかない。女性ばなれしたパワフルかつ正確なドラミングでバンドを牽引する。

■Hystoic Veinの本拠地は神戸だが、定期的に東京ツアーも敢行している。


紫

■Bassの紫(ユカリ)。Hystoic Veinの重量感のある楽曲を演出するのは彼女だ。

■世界転覆を目論む彼女らは、今年3月に米国のテキサス州オースティンで「SXSW2010」Fesに参加して大暴れをしてきたらしい。
いよいよ世界転覆が現実となるのだろうか?

鸚哥
鸚哥

■奇妙なinkoダンスと千変万化のボーカルで挑発する鸚哥。彼女の疾走感はすごい!
作詞を担当するが、世界を相手にする必要から英語の歌詞が多くなっているようだ。

■世界転覆の野望のため、楽曲の傾向もどんどん変わっている。すでにライブでは、アルバム『Patron Syndrome』の音から更なる進化を見せている。
ぜひとも驚天動地の音楽を聴かせてもらいたい。

♪Hystoic Vein 世界転覆宣言 (オフィシャルサイトより抜粋)


 青春時代、必然的に巡り会った4人は、「音楽による世界転覆」を企てながら、ひそひそと暗闇で共にすごす。4人共、日光に弱いため、「世界転覆」の会議は、いつも地下の穴で行い、目標の実現を夢見る毎日だった。目標実現の第一歩であるバンド活動を始めた瞬間(時)、暗い場所で生きてきた反動により、4人はもはや自我を失い、叫び狂った後に、向かったのはステージの上だった。

 その音楽性はニューウェイブ系ガレージパンクを基調とし、R&R、グランジ、サイケデリックロックやダンスチューンなど多彩な要素を取り込み、また4人の作り上げるステージは異空間エンターテイメントである。それはスクリーン越しにみる映画か、はたまた見せ物小屋か。日本の各メディアから絶賛を受け、その勢いは日本だけに留まらず、世界へと広がる。中毒者が世界中へ溢れかえるのは、もうすぐそこだろう。彼女たちが目指すものは、ただ「音楽による世界転覆」、その日はもう迫っているだろう。